◆びじゅつの時間

 

 9/29(日) 14:00~17:00


「土偶ニ何祈ル?」手ほどき:お川お水、リーコ

 

内容:土偶は[祈る]ための道具でした。
 

今回のワークショップでは、土偶に「何を祈るか」を考え、粘土でそれに即した土偶を大人も子供も一緒になってつくります。

◆びじゅつの時間

 

 8月20日(火)15:00~17:00

 

「雑草を持ち歩こう!」~手ほどき:大澤弘輝

私たちの身の回りにはたくさんのステキなものが溢れています。道端に芽吹く草花もその一つで、いっしょくたに「雑草」という一言で括られていますが当然色かたちも様々です。当ワークショップではその「雑草」を実際に採取し、モチーフとしてトートバッグに描いてみます。普段見落としている美に気づき、自分の世界を広げてみましょう!

大澤弘輝   長崎市出身、1992年生まれ。
絵描きの祖父の影響もあり10代後半から絵を描き始めました。なるべく自然と生き物を大事にして生きています。

◆びじゅつの時間

 

 7月18日(木)14:00~
 

「キャンドルを作ったり、絵を描いたりしよう」~手ほどき:花堂達之助

自分で好きな色を組み合わせてオリジナルキャンドルを作成します。そして、できたキャンドルに絵を描いたりできます。ご自分用に、プレゼント用に世界に1つだけのオリジナルキャンドルを作ってみませんか。
 

 

画家 花堂達之助
長崎県諫早市在住。
毎朝、出勤前の描画が日課。古今東西の絵や映画から絶妙なエッセンスを拾い上げ、
紙上でRemixしたコミカルでファンタジックな作品を描く。
2012年以降、大阪Tearoom エーボン、ITOHEN、LVDBBOOKS、

福岡ブックスキューブリック箱崎店、長崎、菫舎、カフェ ホーミーで個展を開くなど、コンスタントな活動を続ける。

hanado_01x.jpeg

◆びじゅつの時間

 

 6月27日(木)14:00~17:00
 

「紙ねんど  盲腸を作るの巻」~手ほどき:リーコ先生と、お川お水

特に必要ないと言われ、腫れあがる度に切り捨てられてきた「盲腸」。ほんとにいらないのか?今回のびじゅつの時間は、紙ねんどで盲腸作ります。

 

リーコ

指を使って色を塗り、消して模様をつけていくパステル曼荼羅アートを軸に活動を展開している。16歳の時に曼荼羅アートを教える先生としての資格をとり、長崎を拠点に個展やグループ展、ワークショップなど、長崎市内を中心に活動中。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お川お水

略歴:あ、美大を卒業し、自動車学校を出て、イギリス留学を経たのち訳がわからなくなって今に至っています。備考:この歳になりあらためて水が大切だなと考えるようになりました。人間はたいそうな建物やテクノロジーはつくり出せても水はつくれません(あ、もうつくれてたらすみません)。

ri-ko_02.jpg
owakaomizu_01.jpg

◆びじゅつの時間 5月23日(木)
 

14:00~16:00   似顔絵教室 / 定員15名~手ほどき:花堂達之助

 

必要な道具:手ぶらで参加出来ます。馴染みの筆記用具がある方は、えんぴつと消しゴムをご持参下さい。

画家 花堂達之助
長崎県諫早市在住。
毎朝、出勤前の描画が日課。古今東西の絵や映画から絶妙なエッセンスを拾い上げ、
紙上でRemixしたコミカルでファンタジックな作品を描く。
2012年以降、大阪Tearoom エーボン、ITOHEN、LVDBBOOKS、

福岡ブックスキューブリック箱崎店、長崎、菫舎、カフェ ホーミーで個展を開くなど、コンスタントな活動を続ける。

16:00~17:00   映画「何かが聴こえる」上映 / 定員30名

幻聴に悩まされた男がたくましく生きていく姿を描いた、花堂達之助氏の自主制作映画。

今回は、手ほどきに花堂達之介氏をお招きしての開催となりました。
集まった子ども達(大人の方のご参加もありました)は、描く際のポイントを教えていただきながら、自由な感じで似顔絵を描いていました。
その後、花堂氏の自主制作映画「何かが聴こえる」の上映となりました。

こちらは、とてもシンプルでリアリティがあり、深く心に残る作品でした。
因みにこの映画は、精神障がいを抱えておられる方が書かれたモノを題材に制作されたとのことでした。
花堂氏、話を書かれた方も素晴らしい才能だなぁと驚かされました。

花堂さん、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

◆「タイガーシネマ ~マイコとベル~」 絵と人形の展示会

 

5/1(水)~5/31(金)
以前、菫舎で個展を開催した花堂 達之助氏の個展が開催されます。

(ギャラリーは菫舎より徒歩1分)
 

出展者:花堂 達之助
会場:コクラヤギャラリー(東長崎店)長崎市田中町821番地
営業時間    AM10:00~PM7:00 定休日 隔週(木曜)

hanado_01x.jpeg

◆びじゅつの時間 特別編

「アートワークショップ」~みんなで大きな絵を描こう~

パフォーマンス Noriko mazda kura
音楽      Akito Tabira

日時 2019年4月26日(金)16:30~
場所 濵ノ大王神社 すみれ舎

 

急遽でしたが、クラ氏、田平氏の共演によるパフォーマンス+ワークショップを開催しました。第1部は、近隣神社の境内で、パフォーマンス+ワークショップを行いました。子ども達も想定より多く参加してくれました。初めてみるパフォーマンスに子ども達は、驚きを感じているようでしたがジッと見入っていました。その流れからのワークショップでは、初めは、見様見まねで恐るおそる色を塗っていましたが、段々慣れてきて、大胆に自由に塗るようになっていきました。自由に振舞っている子ども達は、誰も笑顔で、それを眺めている周囲の大人の方々も、ただ笑顔で見守っているという光景を、少し離れて見てみると、全体が大きな絵のようで、非常に素晴らしいものを見せていただきました。第2部は、場所をすみれ舎へ移動して行いました。こちらのパフォーマンスは、よりアート色が強い、大人も圧倒されるものでした。

私たちの日常生活上で、「美術」に触れる機会はそれほど多くはなく、何処か敷居が高いという印象がありますが、実はその様なことはなく、誰もが触れて楽しめるものなのではないかと気づかされました。

Kuraさん、 Tabiraさん、紹介してくれた福ちゃん、ご参加いただいた皆々さん、ありがとうございました。

kura_01.jpg
kura_02.jpg
kura_03.jpg
kura_04.jpg

◆びじゅつの時間
 

3月25日(月)、4月18日(木)14時~17時
手ほどき:りーこ
指を使って色を塗り、消して模様をつけていくパステル曼荼羅アートを軸に活動を展開している。
16歳の時に曼荼羅アートを教える先生としての資格をとり、長崎を拠点に個展やグループ展、ワークショップなど、長崎市内を中心に活動中。

ri-ko_01x.jpeg

◆びじゅつの時間 番外編
 

3/8(金)~3/24(日)

コクラヤギャラリー(矢上店)にて、「宇宙」を中心テーマにした作品の展示会をします。
すみれ舎から歩いて1分で着くところに誰でも使える無料の展示スペース。使わせてもらうしかありません。
https://kokuraya.co.jp/sp/shop/higashinagasaki/  

 

展示内容は、寺子屋の子供達が描いた惑星・六年生が書いた小説を俺が詩にしたもの ・東長崎中学生が職場体験中に作った「無重力 キセキ」・オープンハウスむつごろうの方々が、宇宙を書こうとして、思い浮かぶ、星空や銀河や衛星などぱっと思いつく映像を何度か横流しにした結果できた物・福田福男副幅の詩 ・寺子屋長 重信作の絵と文章と箱的なもの  などなどです。 福ちゃんの物販なども、期間中すみれ舎にて販売します。
 コクラヤに駐車場あります。連絡もらえたらすみれ舎に駐めても大丈夫です。 展示行って、すみれ舎の納屋でダラダラするのが良いです。自由貸出のすみれ舎文庫もだいぶ充実してきてます。どうぞ寄って下さい。

shigenobu_01x.jpg
shigenobu_02x.jpg
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now